センター長あいさつ

小児腫瘍センター長からのご挨拶

平成25年2月に東北大学病院は小児がん診療の地域拠点として、東北ブロックから唯一小児がん拠点病院に選定されました。小児がん拠点病院とは、難治性あるいは専門的診療を必要とする小児がん患児を集約して診療に当たる施設で、国の「がん対策推進基本計画」として整備が進められています。小児がん患児の長期的予後は年々向上しておりますが、まだ進行期あるいは難治性疾患の予後の改善が望まれています。また病気を克服した後の復学支援や生活の質向上のための長期的フォローアップが重要になります。

東北大学病院小児腫瘍センター長 呉 繁夫

東北大学病院ではその一環として、東北大学病院がんセンター内の組織として、<小児腫瘍センター>を設立しました。小児腫瘍センターは、東北大学病院において小児がんを克服する患児とその御家族のために、入院から外来までの包括的な小児がん医療を提供することを目的としています。そのために小児がん診療に携わる各科の協力に基づいた診療と、長期フォローアップ体制や緩和医療、成人診療科との連携を強化して参ります。平成27年1月末に西5階病棟に新たにセミクリーン域 (セミクリーン個室6床と新規プレイルーム)が増設され、クリーンルーム2床、セミクリーン個室8床、セミクリーン部屋4床を備えることができ、易感染状態の患児の入院環境が一段と改善しています。また、付き添いの方の簡易ベッドを準備し、長期入院が必要な保護者の方の負担をなるべく少なくする努力をしております。小児がん診療に関わる医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、院内学級教師、保育士、栄養士、ソーシャルワーカーなど多職種スタッフが情報を共有し、小児がん診療に関わるスタッフの充実を図っており、小児がん医療をサブスペシャリティーとして志す医師の教育にも力を注いでいます。

東北大学病院は東北ブロックの小児がん拠点病院として、宮城県立こども病院や東北地区大学病院を中心とした小児がん連携病院9施設と今後も連携を密にし、東北地区の小児がん診療の中心としての役割を果たして参ります。

小児がんの患児及びそのご家族におかれましては、このホームページを御活用頂き、お子様の病気の克服のためにお役に立てれば幸いです。今後も小児がん診療の向上に努めて参ります。小児がん診療に尽力されております関連診療科、関連病院の方々におかれましては、この小児腫瘍センターを通じて、病気を克服する全ての小児がん患児のために、今後とも御協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

東北大学病院小児腫瘍センター長
呉 繁夫

東北唯一の小児がん拠点病院として。

PAGETOP