小児がん拠点病院について

小児がん拠点病院の概要

小児がん拠点病院は、小児がん患者さんとご家族が、適切な小児がん医療と支援を受けられる環境を整備することを目的として、「がん対策推進基本計画」に基づいて厚生労働省が指定した施設です。全国7ブロックから、15施設が指定を受けています。難治性あるいは専門的診療を必要とする患者さんを集約して治療に当たると共に、地域内小児がん連携病院との連携や、長期フォローアップの体制を強化しています。さらに、病院内では専門職の充実を計り、再発・難治がんへの対応や、AYA世代の診療体制、緩和ケアの実施体制を充実させるなど、チーム医療による集学的治療の供給を目指します。

全国の小児がん拠点病院

国立がん研究センターがん対策情報センターのホームページ『小児がん情報サービス』の『小児がん拠点病院を探す』より、各施設の情報が閲覧できます。

東北唯一の小児がん拠点病院として。

PAGETOP